未来派野郎hiro販売コンテンツの紹介

ALPHA WordPress Theme
WordPressがはじめてという方でも直感的な操作でプロ顔負けのシックなサイトを作ることができます。
税金対策ストラテジー「NTS」
アフィリエイトに特化した税理士Kが教える確定申告・節税マニュアル。上位版がおススメです!
YouTube Adds pro
YouTube動画の表現力を最大限に引き出すWordPressプラグイン。未来派製作販売商品です。

【未来派】WordPressユーザー必見!新エディターを予習しよう

お世話になってます。
未来派です。

昨日の仙台は最高気温19度。
そして今日は台風も抜けてなんと32度。
体調管理には十分注意しましょう。

さて、
WordPressの次期メジャーアップデートで
新しいエディターが採用されるという話を
知ってましたか?

現在WordPressの最新バージョンは
4.9.8ですからWordPress5.0から
実装予定ということです。

新エディタの名称は
「Gutenberg(グーテンベルク)」

これまでは「テキストモード」と、
「ビジュアルモード」の 2つがあって

エディタ内でモードを切り替えて
使うことができました。

「Gutenberg(グーテンベルク)」は、
インターフェイス自体が別物になり、

今までのビジュアルモードをより
直感的に操作できるようになります。

ひと足先にグーテンベルクを
使ってみましたが、今までの操作と
全く違うので、今のうちに
予習しておいたほうがいいです。

予習なしの状態で、
急にエディターが変わってしまったら
おそらく記事作成作業できないでしょう。

現在「Gutenberg(グーテンベルク)」は、
プラグインインストール+有効化することで
試すことができます。

「Gutenberg(グーテンベルク)」は、
「見出し」「文章」「画像」などの要素を
ブロックをいう形でくぎり、

それらを組み合わせてコンテンツを
作成していく形になります。

組み合わせたブロックは、簡単な操作で
順番を変えたり、追加したりできます。

と言葉で伝えてもわかりずらいですよね。

「Gutenberg(グーテンベルク)」の基本的な
操作を動画にまとめたので参考にしてください。
↓ ↓ ↓
https://www.youtube.com/watch?v=UONxAnZE1Qw

プラグイン「Gutenberg(グーテンベルク)」は、
開発中なので、公開サイトにはすすめられませんと
クレジットされています。

試験サイトに導入して、WordPress5.0の
リリース前にしっかり予習しておくことを
おススメします。