アドセンスのポリシー変更は要チェックです!

お世話になってます。

未来派です。

 

 

とうとう今日から消費税が

10%になってしまいましたね。

 

 

たかが2%だけど、

ちょっとした物を買うとき

考えちゃうんですよね。

 

 

まぁ、決まった事なので

仕方ないんですが…

 

 

さて、今回は

アドセンスのポリシー変更のお話。

 

 

アドセンスやっている方は

昨日の夜にGoogleからメールが

届いていると思いますが、

 

 

ちゃんと理解していないと

広告配信回数が減っちゃうなど

 

 

もったいないことに

なりかねなません。

 

 

Googleからのメールはちょっと

難しすぎるので、要点だけ

ざっくり説明しますね。

 

 

まず、大きな変更点が、

 

 

「広告掲載が認められないコンテンツ」と

「広告掲載が制限されるコンテンツ」を

明確に分けたということ。

 

 

といわれても

よくわかんないですよね。

 

 

「広告掲載が認められないコンテンツ」とは

 

————————-

 

  • 知的財産権の侵害

 

・ブランド商品の偽造品など

 

  • 絶滅危惧種

 

・サイの角、サメのヒレなど

 

  • 危険または中傷的なコンテンツ

 

・人種差別、個人の中傷、自殺など

 

  • 露骨な性的描写を含むコンテンツ

 

・性的なテキスト・画像・動画など

 

  • 児童の性的虐待や小児性愛

 

・児童の性的虐待の画像など

 

————————-

 

 

「広告掲載が制限されるコンテンツ」とは、

 

————————-

 

  • 性的なコンテンツ

 

・ヌードを含むコンテンツ

 

  • 強いショックや不快感を与えるコンテンツ

 

・血液、臓腑、血のりなど

・銃撃、爆発、爆弾に関する記述や画像

 

  • タバコに関するコンテンツ

 

・タバコ・葉巻・電子タバコなど

 

  • アルコールの販売や乱用に関するコンテンツ

 

・過度の飲酒、暴飲を描写するもの

 

  • 未承認の医薬品やサプリメント

 

・未承認の医薬品やサプリメントなど

 

————————-

 

 

広告掲載が認められないコンテンツを

アップしている場合は、

 

 

当然ながら、

広告配信が許可されず、

広告を配置できなくなります。

 

 

広告掲載が制限されるコンテンツを

アップしている場合は、

 

 

広告枠を配置できるけど、

広告配信の回数が減少します。

 

 

いやいや、

タバコに関する記事はやばいって

知ってましたが、電子タバコも

広告制限コンテンツなんですね。

 

 

それと、

失敗談の記事でショックを表現するために

爆弾の画像なんか入れるケースがあるけど、

ちょっと注意が必要ですね..

 

 

学生コンパの一気飲みの記事も

制限対象かもしれません。

 

 

あなたも「あの記事やべー!」なんて

1~2記事あるんじゃないですか?汗

 

 

GoogleのAI様もある程度は

内容を理解してくれていると

思うけど、

 

 

制限されるコンテンツと

判断される可能性があるものは、

やめといたほうが無難かもです。

 

 

ということで、

 

 

制限されるコンテンツ内容を

一度チェックして、記事投稿前に、

大丈夫か確認するようにしましょう。

↓ ↓ ↓

http://miraiha.info/web/602/

 

 

そうそう、今回の変更で、

AdSense ポリシーセンターに

 

・ [要修正]

・ [広告配信ステータス]

 

の2つが追加されています。

 

 

この機会に

AdSense ポリシーセンターを

確認してみてください。

 

 

「ポリシー違反は見つかりませんでした。」

 

と表示されていれば問題なし。

 

 

僕もさっきチェックしてみたら

違反なしでした。

 

 

ふぅー、一安心です。^^

未来派野郎hiro販売コンテンツの紹介

ALPHA WordPress Theme
WordPressがはじめてという方でも直感的な操作でプロ顔負けのシックなサイトを作ることができます。
税金対策ストラテジー「NTS」
アフィリエイトに特化した税理士Kが教える確定申告・節税マニュアル。上位版がおススメです!
YouTube Adds pro
YouTube動画の表現力を最大限に引き出すWordPressプラグイン。未来派製作販売商品です。

コメントを残す